Simplicity2でのAdSenseリンクコードの貼り付け方

Simplicity2でのAdSenseリンクコードの貼り付け方

Google AdSense合格!ブログ開設から約1か月で合格できたポイント』で書いたようにAdSenseの審査の時に最も悩ましかったのが、リンクコードの貼り付け方でした。

スポンサーリンク
learge-AdSense

リンクコードとは

AdSenseヘルプには、以下のような記載があります。

AdSense の [ホーム] ページからコードをコピーし、サイトの HTML の <head>タグの直後に貼り付けます。コードの配置先は、ユーザーのアクセスがあるページを選んでください。

ということで、Google AdSenseでは2次審査に入るためには、リンクコードという専用のコードを<head>タグの直後に貼り付ける必要があります。

以下のようなのもです。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-XXXXXXXXXXXXX”,
enable_page_level_ads: true
});
</script>

※ XXX…のところは、ユーザー固有の値です。

これを<head>タグの直後に貼り付けてください。ということですが・・・

Simplicity2ではどこに貼り付ければ良いの?

初心者の私には<head>タグ?

は?何それ?

という感じです。

ちょっとググれば出てきはしますが、なんだか難しそうなイメージでした。

<head>タグは、「header.php」というファイルにあるそうですが、これがない!?

調べても、あまり出てきませんでした。

実際、Simplicity2の子テーマを使っている場合には、「header-insert.php」というファイルに記載するのです。

以下のようにやりましょう。

左メニュー > 外観 > テーマの編集

テーマの編集のナビゲーション

そして、右側から「header-insert.php」を選択します。

header-insertのナビゲーション

そうすると下図のような画面が出てくるので、赤線枠内(一番下)にリンクコードを貼り付けます。

header-insertの更新のナビゲーション

貼り付ける場所は「//ここに挿入?>」の下でも良いです。どちらでも可です。

ネット上では「header.php」でなければダメみたいな記述がありますが、Simplicityの子テーマは親テーマの更新があった時でも対応可能なように、「header-insert.php」が用意されています
このように更新があっても、極力影響が小さいよう、編集しやすく作られているようです。

ですので、「header-insert.php」の一番下にコードを貼り付けてください。

実際、私はこれでAdSense合格してますので安心してください。

スポンサーリンク
learge-AdSense
learge-AdSense

シェアする

フォローする